メモ帳のようなもの

欲望のままに性癖を露出させるだけのブログ
Recent Tweets @
Posts I Like
Who I Follow

でも、普通は疑いますよ。科学論文はそういうものだから。

 僕も経験しましたが、実験中に、例えばすごく面白いデータが出るじゃないですか。先生の所に飛んでいきますよね。「先生、先生、超すごいんですけど、こんなデータが出ましたよ」と持っていくと、間違いなくこう言われますね。
「あ、それ、何回目なの」
「1回です」
「じゃあ、だめだよね」

 僕は実験をやり直す。3回やり直したけど結果は変わらない。そうするとさすがにちょっと顔色が変わって、でも、「お前の腕じゃ怪しいな」と言われるんですよ、絶対に。

なるほど。実験したのが身内でもまずは疑問の目で見る。

丸:で、「ちょっと3カ月待って」と言って、研究室のメンバーがやり直すんです。それで、結果が変わらなければ「すごいな、正しいぞ、これ。これは論文になるから一緒に頑張ろう」。こうなるんですよ、普通は。

 学部生の実験だろうが、ネイチャー掲載の論文だろうが、徹底的に疑って再現実験を繰り返す。なぜかといえば、科学とは常に間違う可能性を含んでいるものだからです。そして、故意かどうかは全く別の問題ですが、「誤りを含んでいること」自体は大きな問題ではない。

え? なぜでしょう。

丸:データの解釈には常に推論を含みますから。そしてもしも「完全に正しい論文以外、発表してはいけない、掲載してはいけない」、ということにでもなったら、科学の推進力は大きく失われてしまうから、です。

あ、もしかして「ネイチャー」を初めとする科学論文誌は、科学者が自分の論文の誤りを、みんなに見つけてもらう場所、ということですか?

丸:そう、人間だから誤りは避けられない。自分の能力だけでは限りがある。だから、世界中の優秀な科学者がよってたかって誤りを捜して潰す。そのために科学論文と、それを掲載する雑誌がある。そういう見方もできると思います。

福沢諭吉は「昔の偉い人は『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』と言った。でも現実はそうじゃない」と言っている。だからタイトルが「学問のすゝめ」になっている。

(ibi-sから)

自衛隊からの熱烈な勧誘を受けるが、「入隊したら朝放送してるパーマンが観れない」という理由で断り、越谷最強の看板を引っ提げて全日本プロレスに入門する。

武藤は何ゆえ「天才」と呼ばれるのか。あるプロレスファンの会話を抜粋する。

男A「中田英寿って天才と呼ばれてるじゃん。それは抜群のボディバランスや広い視野、鋭いキラーパスとして説明されてるよね。」
男B「ああ」
男A「松坂大輔天才と呼ばれてるじゃん。それは肘の使い方、剛速球やジャイロボールとして説明されてるよね。」
男B「ああ」
男A「じゃあ、武藤はなんで天才なの? そもそも八百長のプロレスの技術において、何がどう天才なの?」


男Bは沈黙の後、こう答えた。


男B「動きが天才なんだよ。」


男Aに言葉は無かった・・・。


引用した会話に示されるように、武藤は動きが天才である。その天才ぶりを文章で説明するのは難しいが、やたら爽快感のある動きをする。「プロレス界のチャップリン」と言っても大袈裟ではない。

ddnjapan:

「ぼっちなキアヌ」3Dプリンター人形に、ついにキアヌ・リーブス本人が遭遇し大喜び | DDN JAPAN http://bit.ly/13V6yS0

(aki373から)

Twitterで出会った人と最近付き合い始めた16歳JKに「なんで付き合うことになったんー?」って聞いたら、「私が何かツイートする度にいつも○○くん(彼氏)がお気に入りに入れてくれてて、それで段々好きになって…」って言ってた。ほぅ……
STAP細胞騒動のせいでiPS細胞で培養した心臓の細胞で作った筒が鼓動を始めたのが確認されたっていう世界初のニュースが埋れて地味に悲しい